観光マップ事業

事業内容

観光マップ事業

観光マップ事業

孝行鰻 伊勢鰻屋事始

鰻は関西風、関東風と分ける時、大きな違いはまず鰻の割き方にあります。
関西では腹開き、関東では背開きが多いです。この割き方の違いには諸説がありますが、関西は商人の町として栄え、関東では武士の町として栄えた為といわれています。商人は、商売をする時「腹を割って話をする」といわれることから腹開きに、武士は、腹を割く「切腹」を連想させる為、背開きになったといわれてい ます。また、関西では開いた鰻の背びれ、尾びれ、頭はつけたまま、関東では背びれ、尾びれ、頭は取り除く事が多いようです。
伊勢ではどうでしょうか。伊勢では背開きで、背びれと尾びれはつけたまま、頭は取り除くというように関西と関東が合わさったような開き方をするお店が多いようです。
また、この開き方の違いには包丁の違いにも表れています。関西では大阪割き包丁、関東では江戸割き包丁を用いることが多いようです。
伊勢ではどうでしょうか。伊勢では伊勢割き包丁(名古屋割きともいう)という独特の形をした包丁を用いることが多いようです。
また、焼き方にも大きな違いがあります。
関西では蒸さずに焼きタレをつけて焼き上げます。関東では、焼いた鰻を一度蒸し、その後にタレをつけて焼き上げます。
また、関西では1 匹丸ごと金串を打ち、身から焼き、関東では、2 つに切って竹串を打ち、皮から焼くことが多いようです。
伊勢ではどうでしょうか。伊勢では1 匹丸ごと皮から網の上で箸を使って焼くお店が多いようです。このように伊勢では関西風、関東風とは異なった伊勢風の鰻といえるでしょう。
 また、関西風、関東風ではタレはどちらも醤油ベースのタレではありますが、関西では「ドロッ」としたタレが好まれ、関東では「サラッ」としたタレが好まれる傾向にあるといわれています。
伊勢では関西、関東の醤油ベースではなく、この地域で作られるたまりをベースにするお店も多いようです。また、このタレをご飯に満遍なくまぜ合わせた「まぶしご飯」はこの地域独特の食べ方であり、この「まぶしご飯」を提供するお店も多いようです。
 このように伊勢は昔から「情報の発信取り」といわれ、関西風、関東風の良いところを取り入れつつ、伊勢独自の食文化も上手く組合わせた食文化があるように思われます。

ページ先頭へ