MENU

伊勢講座

「伊勢」は旧国名なのです、の話。(その一)

鉄道を使って参宮にいらした方が、まず外宮に、と降りられる駅が「伊勢市駅」です。
この駅名が、何故「伊勢駅」ではなくて「伊勢市駅」なのですか?という質問を時々いただくことがあります。
そんな時は、「伊勢」だけだと旧国名なので広い地域を指してしまう場合があり、それとの区別のために現在の伊勢市という意味で「市」を入れています、とお答えしています。
明治以前は「県」の代わりに薩摩の国、信濃の国、越後の国などの国名が使われていました。そして、三重県の上半分は「伊勢の国」と呼ばれていたのです。
「伊勢市」というのは昭和三十年から使われている比較的新しい名称です。では、その前はなんだったのか。年配の方はご存知でしょうが、「宇治山田市」と言いました。参宮で栄えた内宮の鳥居門前町が「宇治」、外宮前が「山田」と呼ばれ、この2つの町が宇治山田市の中核をなしていたのです。
ですから、昭和三十年以前に有名になった「伊勢〇〇」というのは、旧国名として広く三重県の上半分を指して使われました。「伊勢商人」といえば松阪・相可を中心とし、江戸で活躍した大商人たちですが、伊勢の国から行ったから「伊勢商人」ですし、「伊勢型紙」は白子を中心とした伝統工芸ですが、伊勢の国の見事な型紙として評価されたからその名がついたのです。
鉄道の駅名も近鉄の「伊勢中川駅」は伊勢の国の中川という町にあるから。JRの「伊勢奥津駅」など各駅も同様です。駅名の場合、同一名称があった際は旧国名を頭につけて認識をしてきたのです。

伊勢市観光協会
副会長 山中 一孝

PageTop