MENU

「おかげ横丁 七夕の節句」 開催について 【2019.6.29-7.7】

七夕の行事は二千年以上も昔に中国で生まれ、日本には奈良時代に伝わったとされています。

そして、江戸時代になると短冊に願いごとを書き、笹を飾るようになりました。

この風習は、今も全国各地に残っています。

古き良き七夕の行事を大切にして、皆様も星に願いごとをしてみてはいかがでしょうか??

 

【詳細】

◆七夕飾り 昔ながらの七夕飾りを店先に飾り、町全体で七夕の節句をお祝いします。笹竹の傍に短冊を用意していますので願いごとを書いて笹竹の枝に飾ることもできます。

日時:6月29日~7月7日 10:00~17:30

場所:おかげ横丁一帯

◆七夕の市 七夕の風習に触れ、その風情をお楽しみいただける夏の風物を揃えます。また七夕にちなんだ食べ物も販売します。

日時:6月29日~7月7日 10:00~17:30

場所:赤福別店舗側「特設屋台」にて

◆手作り教室 和紙を使って吹き流しや編み飾りなどの昔ながらの七夕飾りを作ったり、夏らしいうちわや風鈴に絵付けしたりしていただけます。

日時:6月29日~7月7日 10:00~17:30(受付:16:30まで)

場所:おかげ横丁内「特設会場」

料金:七夕飾り作り 200円/てるてる坊主作り 200円/うちわの絵付け 500円/風鈴の絵付け 1200円

◆松阪もめん 機織体験 七夕伝説の織姫と彦星。織姫は機織りの名手といわれています。昔ながらの機織り機で、足をばたばた踏みかえて機織に挑戦し、コースターを作っていただきます。

日時:7月6日・7日 10:00~17:30(受付16:30まで)

場所:おかげ横丁内「特設会場」にて

料金:600円

◆笹舟で遊ぼう 笹の葉を使って、小さな舟をつくって遊びませんか。昔、子どもたちは笹舟を作り川に流し、「織姫と彦星が無事に会えますように・・」と願ったそうです。大人には懐かしく、子どもたちには新しい自然の遊びです。

日時:7月6日・7日 10:00~17:30

場所:森翁館横「特設会場」にて

料金:無料

 

◇交通:近鉄・JR伊勢市駅から外宮内宮循環バスに乗り「神宮会館前」下車。徒歩すぐ。

◇問合:おかげ横丁総合案内 0596-23-8838

PageTop