MENU

伊勢古市参宮街道資料館30年度特別企画展 大安旅館の開催について【H30.7.10-8.12】

神宮のお膝元である伊勢は、朝熊岳や二見浦などの名所も多く、昔から多くの人々が訪れ、賑わいを見せていました。

鳥居前の宇治と山田には多数の宿泊施設が必要で、明治4年に御師制度が廃止されると次々に旅館が建てられました。大正期に入ると市内には100軒余りが建ち並び年間45万人以上の宿泊客が滞在したといわれています。

今回紹介する大安旅館は、その中でも代表的な一軒で明治・大正・昭和と長きに渡り繁栄しました。

その繁栄は、女将井村かねの献身的なもてなしに与るところが大きく、労をおしまぬ人柄は地元の人々にも愛され、語り継がれたといいます。

会場には実際に使われていた家具調度類に加え、建物や人物の写真パネルを数多く展示します。

7月21日(土)13時からは大安旅館を三次元(3D)で案内するイベントを開催します。伊勢市で初めてのゴーグルをかけて見るバーチャルリアリティの世界をお楽しみください。

 

【特別企画展】

◆開催日時:平成30年7月10日(火)~8月12日(日)9:00~16:30

【伊勢市で初めてゴーグルをかけてみる(VR)】

◆開催日時:平成30年7月21日(土)13:00~

◆参加人数:中学生以上、10人程度

 

◆場所:伊勢古市参宮街道資料館

◆入館料:無料

◆休館日:月曜日(その日が祝日の場合は翌日)・祝日の翌日(その日が日曜日の場合は除く)

◆主な展示物:看板、調度品、写真パネル等

◆交通:近鉄JR伊勢市駅前から三重交通バス「浦田町」行きに乗り「三条前」下車。徒歩すぐ。

◆問合せ:伊勢古市参宮街道資料館 0596-22-8410

 

PageTop