伊勢市のコロナ対策ご案内

松尾観音寺

  • 内宮エリア
  • 寺院・神社

「龍池山 松尾観音寺」は、日本最古の厄除け観音。霊験あらたかな本尊十一面観世音菩薩と脇仕の地蔵菩薩・毘沙門天が、厄除け・縁結びなどにたいへんご利益があるとされ、初午の時期は多くの参拝者で賑わいます。

約1300年前の奈良時代初め(712年)、奈良の大仏の建立に関わったことで有名な当時の高僧「行基」が、伊勢神宮参拝の折、現在の場所松尾山に雄雌の龍が住むと伝えられる池が有ることを知り、その池のほとりに自ら観音様を刻み寺を創建したと伝えられています。

今から600年以上も前に本堂が火災にあった際は、池から2体の竜神様が現れ、観音様を火災から守ったという伝説があります。現在の本堂は、約200年前の文政3年、総欅(そうけやき)造りで建てられました。不思議なことに、近年本堂の床板に龍の模様がうかびあがり、なでるといいことがあるといわれています。

参拝時間

8:00~17:00

住所
三重県伊勢市楠部町松尾山156-6
電話番号
0596-22-2722
駐車場
アクセス
近鉄宇治山田駅・JR伊勢市駅より三重交通バス「イオン伊勢店」行き乗車「松尾観音前」で下車徒歩5分。または、近鉄宇治山田駅・JR伊勢市駅より三重交通バス51系統「内宮前」行き乗車「徴古館前」で下車徒歩15分。近鉄五十鈴川駅より三重交通バス伊勢市駅・宇治山田駅行き乗車「徴古館前」下車徒歩15分。
伊勢ICの市街地方面出口を降りて二つ目の信号【松尾観音寺前】を左折。しばらく走り信号手前の、右斜め後ろの坂道を登りきると橋の手前左手が松尾観音寺。
WEBサイト
http://matsuokannonji.com/

目的で探す

トップへ戻る